つきもり鍼灸整骨院

記事一覧(18)

学びは未来への投資だ

第三講 研修会が催されました。

1月26日(日)、米子市文化ホールにて、山陰部会 第三講を学会会長 岡田明三先生をお招きし「患者の信頼を得る経絡治療」と題して講義実演を行いました。米子市はあいにくの雨模様でしたが、先日の寒波のことを思うと少し温かく感じた本日。鳥取市ではポケモンゴーのモンスター?が砂丘に出るということで、町中が渋滞だったとのこと(石破)「いや~経絡治療ってやっぱり楽しい!」それに尽きるご講演でした。明三先生が長年鍼灸にたずさわってきた経験を包み隠さずお話を伺い、鍼灸師として、人として必要なことを淡々とお話くださりました。【鍼灸師として患者さんに接する前に、人としてどうあるべきなのか。】私たち鍼灸師は、患者さんからこう呼ばれます。先生、先生と。私も18歳から鍼灸整骨院で診療補助をしていたとき、先生と呼ばれていたのを思い出します。先生という職業はほかに、お医者様、お茶の先生、書道の先生、弁護士の先生、学校の先生など。先生という職業は、言葉や技能で人に伝えていく立場の人間。社会的にも、人としても誰かのお手本になる人である必要があると思っています。プロの鍼灸師として患者の信頼を得るということは、【その人、その人が抱えている悩みや痛みを患者さんの背景も考慮して、共感理解する、心の寄り添いが信頼を得る】そういう風に私は受け取りました。脈って単に、証(東医的な診断)を決めることだけじゃないんだよ。脈を取るという行為そのものが患者の信頼に繋がるよ。脈が速いか遅いか、強いか弱いかでその人がどうやって鍼灸院へ来たのか、どんな状態かというものを理解できる。私は脈診が、患者と対話するためのコミュニケーションツールだ!と感動しました。とても柔軟で分かりやすい説明で受講生の皆さんも真剣なまなざしできらきら(^^)

経絡治療学会 夏期大学

暑い夏が戻ったように感じる今日。島根、鳥取でも真夏の暑さが続きますね(^^)さて、先日8月20日〜22日まで東京有明で夏期大学が開催され、全国から500人以上もの鍼灸師が集まります。講義の内容は、普通科・高等科・研究科・研修科と4つのグループがあり、それぞれ目的の違うグループ分けが行われます。私、月森は研修科を受講して色々な講義に参加してきました。普通科では、診断(脈診)から基本証決定へ。高等科では、基本証から応用へ。研究科では、病理・病証から証決定へ。研修科では、経絡治療の実際と原典の学習。という段階で、学びを毎年深めていきます。私が参加したのは今から9年前がはじまりです。当初、東洋医学のことに興味を持ち始めて間もなくのことで、広い世界を見てみたい!と思い、友人を誘って東京へ。はじめはやっぱり分からない事ばかり。普通科の担当講師(今では本当にお世話になっている先生)に、質問責めの嫌な受講生でした。脈診って何?  全身を診るって何? 陰陽とか虚実って?  本当に分からなかったんです。いろいろな先生方に話を聴いて回ると、「焦ってはダメだよ。」「経絡治療は、とっても魅力的なんだよ!」「経絡治療は、ひろく奥の深いものだよ!」「夏期大学を楽しめた?(^^)」こんな前向きなコメントを沢山頂いてたんです。今、思うとホントその通りだなと、しみじみ感じます。